再開発事業について

01

大船駅北口が、もっと便利に、もっと快適に。

吹き抜けを鎌倉市と横浜市に跨がり、有数のターミナル駅となっている大船駅において、横浜市側の玄関口となっている北口(笠間口)の拠点性を高めるため、交通広場や自転車駐車場等の都市基盤施設を再整備するとともに、商業・業務機能の集積や都市型住宅を整備し、新たな賑わいの創出や、利便性、安全性の向上を図っていきます。

04

工事概要

施工者の名称

大船駅北第二地区市街地再開発組合

地区の位置

横浜市栄区笠間一丁目、二丁目の一部

地区の面積

約1.7ha

施設概要

駅前広場:約5,900㎡
自転車駐車場:約1,600台
施設建築物:延床面積 約65,600㎡
商業施設、駐車場:8階建て
都市型住宅:約253戸、21階建て、高さ約75m

総事業費

約300億円

02
03

経緯と今後のスケジュール

平成26年2月5日

都市計画決定

平成27年1月23日

組合設立認可

平成28年7月

権利変換計画認可

平成28年12月

建設工事着工

平成32年12月

工事完了(予定)

連絡先

大船駅北第二地区市街地再開発組合事務局
鎌倉市大船1-7-5 大船末広神尾ビル5階
TEL:0467-39-5047
MAIL:info@ohuna2.com

お問い合わせはこちら

※パースなどはいずれも現時点の構想であり、今後、変更される可能性があります。