「大船駅北第二地区第一種市街地再開発事業」において管理会社がエリアマネジメント業務を受託~活気ある街の創出をグループでサポート~

神奈川県横浜市栄区にて、東急不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:大隈 郁仁)が参加組合員として参画している「大船駅北第二地区第一種市街地再開発事業」(以下、当再開発事業)におきまして、2018年10月30日に横浜市と大船駅北第二地区市街地再開発組合(以下、再開発組合)が「大船駅北第二地区周辺におけるエリアマネジメントに関する協定書」を締結し、「(仮称)大船駅前エリアマネジメント計画」を推進するにあたり、株式会社東急コミュニティー(本社:東京都世田谷区、社長:雜賀 克英)は、全体建物の管理業務の一環として、”地域コミュニティとの交流機会の創出”および”区分所有者・入居者等のコミュニティ形成”を目的としたエリアマネジメント業務を受託いたします。

東急ニュースリリースPDFはこちら

横浜市ニュースリリースPDFはこちら